韓国のソウル大学病院に切らないロボット植毛が導入された時期が2012年9月中旬で、9月26日から手術が施行されました。 

今まで7回た切らないロボット植毛手術に参加した経験を皆さんと分けたいと思います。 

韓国のソウル大学病院(院長ジョンジンヨプ)で「 artas植毛手術システム」を導入した切らないロボット植毛はFUE法で移植分からない採取してくれる手術ロボットである。

切らないロボット植毛

 既存のFUE毛髪移植をする際に医師が毛根採取器で毛包を分離して採取をした場合は、切らないロボット植毛は、必要な毛包を自動的に分析して採取するための新しい植毛の手術方法である。

 毛包を採取するのにかかる時間を、従来の方法に比べて半分に減らし、健康な毛包を自動的に選別して採取するために毛髪移植の生着率を向上させることができるとする。

韓国のソウル大学病院皮膚科ホチャンフン教授は、「 FUE植毛は、手術後、別の縫合過程がなく、回復が早く、傷が残らない会社員たちや若い層から好まれる手術方法である」とし「特にロボットを利用した場合、洗練され、高速採取が可能患者や術者の両方植毛手術に対する負担感と手術中のストレスを軽減することができるものと見られる"と話した。

また、韓国のソウル大学病院皮膚科毛髪研究所ギムジュヨン研究委員(植毛専門モジェリムクリニック院長)は「切らないロボット植毛は、アジア人の毛髪と頭皮の特性に合わせて最適化されて適用される予定であるため、 FUE植毛の満足度がさらに高まると期待される」とし「今後、毎分、ソウル大病院と植毛専門モジェリムクリニックの診療協約を通じて植毛だけでなく、脱毛のための質の高い研究も行われるようになるだろう」と説明した。

インフォメーション

  モジェリムジャパンキャンペーン

 非切開特別キャンペー

女性ヘアライン2500本 (FUE) 

男性型脱毛 5000本 (FUT)

眉毛植毛・まつ毛植毛
眉毛植毛・まつ毛植毛

モジェリムクリニックは

国際毛髪移植学会(ISHRS)支援の下で”毛嚢の生存率を増加させる”研究に現在積極的に取り組んでおります

アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)
アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)

韓国モジェリム日本協力クリニック

植毛後糸抜け、アフタケアー等

日本でも近日中サポート可能に

なります。

日本橋エムズクリニック

 

 

Line ID : Mojelimjapan

モジェリムのお客様ブログ

韓国自毛植毛学会

  • 国際毛髪外科学会(ISHRS)会員

アメリカ毛髪外科学会(ABHRS)

アジア毛髪外科学会(AAHRS)


概要 | サイトマップ
Copyright © MOJELIM CLINIC ALL Rights Reserved.