植毛後のダウンタイムについて説明。













こんにちは、モジェリムの植毛・薄毛治療専門クリニックです。

今日は植毛後のダウンタイムについて説明いたします。

昨日は新潟県の三条市、今日は秋田県の由利本荘市に行ってきました。

飛行機が結構揺れましたが、日航機機長が機内アナウンスで、揺れている事情を具体的に説明されていました。私は仕事がら 飛行機にはよく乗りますが、昨日の機長説明は適切だったと思います。

モジェリムの自毛植毛(FUT, FUE)専門クリニックにいらっしゃるたいていの日本の方々は、植毛術後のダウンタイムのことが気にして日常への復帰のために多くの本数で植毛をすることをあきらめて少な目で採取したり、刈り上げなしのFUE植毛術をお望んでいます。


それで移植後のダウンタイムについて説明いたします。


まず、ダウンタイムとは?

植毛施術してから回復するまでの期間のことをいう。美容整形の治療では、麻酔による腫れや手術に伴う腫れ、むくみ、アザなどができやすく、日常活動が制限されることがある。同程度の後遺症でも、職業や本人の意識によって回復期間には違いがあるが、植毛手術前の生活を取り戻せるまでの時間のことをいう。


それでは植毛の翌日に撮られた画像を見てください。


植毛翌日シャンプーを受けにいらっしゃったお客様の姿です。

腫れやあざがなく、手術をした跡が残らないので前髪さえあれば家族にもばれないほどです。

腫れは?

間違いないと確言できるのはラーメン食べた翌日できた腫れよりヘアライン矯正の翌日の腫れが少ないことです。

皆様!植毛後のダウンタイムは気にせず、気軽に植毛してくださいね~ドキドキ

インフォメーション

  モジェリムジャパンキャンペーン

 非切開特別キャンペー

女性ヘアライン2500本 (FUE) 

男性型脱毛 5000本 (FUT)

眉毛植毛・まつ毛植毛
眉毛植毛・まつ毛植毛

モジェリムクリニックは

国際毛髪移植学会(ISHRS)支援の下で”毛嚢の生存率を増加させる”研究に現在積極的に取り組んでおります

アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)
アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)

韓国モジェリム日本協力クリニック

植毛後糸抜け、アフタケアー等

日本でも近日中サポート可能に

なります。

日本橋エムズクリニック

 

 

Line ID : Mojelimjapan

モジェリムのお客様ブログ

韓国自毛植毛学会

  • 国際毛髪外科学会(ISHRS)会員

アメリカ毛髪外科学会(ABHRS)

アジア毛髪外科学会(AAHRS)


概要 | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright © MOJELIM CLINIC ALL Rights Reserved.