出産後薄毛についての原因と治療方法

こんにちは。

明日(2日)は衆院選の公示です。ふぶく中での第一声となるところもありそうです。今週はいろいろな意味で厳しい選挙戦になると思います。

  私たちの植毛専門モジェリムクリニックで出産後薄毛についての原因と治療方法、あるいは管理方法について説明をいたします。

 まず、出産後薄毛についてお知らせします。出産後薄毛というのは、女性の方に表示される薄毛現象で最も一般的な現象でありながら、簡単に表示される現象であると言うことができます。通常出産した妊婦が84%が産後薄毛経験があるとします。また、これらの原因としては、出産中の出血、不正な産後、栄養不均衡、睡眠不足、無知なダイエット、育児ストレスによる脱毛が回復されず、ひどくなることを異常出産後薄毛と呼ばれます。

  出産後薄毛の代表的な原因としては、ホルモンとすることができます。妊娠している体内のホルモンの変化により、一時的に毛髪が抜けず、むしろ成長します。しかし、このような状態を永続的ではありません。出産後には、ホルモンが元の状態に戻ろうとするので、体のホルモンの変化が起こる代表的な現象が産後薄毛です。産後脱毛は自然治療されている脱毛ですが、出産後薄毛の場合にも、継続的な放置をした場合、永続的に席がキャッチすることができますので、ある程度の管理を必要とします。別の原因としては、栄養分の不足している。栄養分が正しく摂取されない場合に発生することがあります。これは、出産後の体の栄養バランスが確実に取れるため栄養分を供給しヘジュオヤが、これは十分に供給さしてくれなければ、体の健康にも良くないだけでなく薄毛にも影響をたくさん与えています。

 出産後薄毛は出産後3〜4ヶ月進んで薄毛が休止期を2〜3ヶ月苦しむので、少なくとも6ヶ月程度は経過して復元します。長く考えてご6ヶ月〜1年程度の期間を持って経過をみてください。しかし、永久的に席が取れるようになら治療が難しくなるだけでなく、再生も難しくなります。自分に必要な管理を通じ、事前予防して健康な髪の毛を原状回復させることができるように努力すべき。