切らない植毛(FUE法)に関する誤解、第二。

おはようございます

きのう、宮城県の松島にある円通院に行ってきました。こちらは宮城県の紅葉の名所としても有名で、今の所色づいてきたなという印象、今月中旬~下旬が見ごろになるのではと思います。今月いっぱいはライトアップも行われるという事なので、足を運んでみてはいかがでしょうか.

切らない植毛(FUE法)に関する誤解、第二。

切らない植毛(FUE法)ヘアライン矯正は生着率が落ちる?!

「切らない植毛(FUE法)の生着率は98%以上です。」

 韓国に切らない植毛(FUE法)が施行された初期には、多くの量を採取して、空気中の毛包を長期露出させる不適切な保管方法を使用しました。また、初期切らない植毛(FUE法)が欧米で開始されたので毛穴の深さが低い西洋人の毛穴を採取する方法を東洋人に適用し、(西洋人:3mm、東洋人:4〜5mm)で、毛包の深さを把握してい文句を言わない、毛包を損傷させる場合もありました。ので、切らない植毛(FUE法)は、生着率が低いという認識をしたりします。


しかし、海外の医療陣が研修を受けに行くほど韓国で切らない植毛(FUE法)技術力が格段に高まりました。


「毛包の生着率のカギは、毛包が乾燥を防ぐ空気中の毛包が露出される時間を減らし、水分を供給してくれるでしょう。」