ヘアライン矯正植毛の再手術(再校正)対象とヘアライン矯正方法

韓国自毛植毛
韓国植毛、自毛植毛

こんにちは。植毛専門モジェリムクリニックです。 

  私達植毛専門モジェリムクリニックでヘアライン矯正を再校正した場合についてお知らせいたします。 

  まず、ヘアライン矯正植毛時在校定める対象には、次のように髪の生え際矯正再校正対象に7つの場合を見ることができます。 

 1密度が低下する 

2人為的な帯巻いたような日ヘアライン 

3後頭部の太い毛が前面に植えられた場合、 

4分け目方向が気に入らないとき 

5額があまりにも狭くヘアライン矯正されて息苦しく見える場合 

6頭を植え向きが変覚ます 

7狭い額を脱毛した後、ぎこちないたヘアライン 

 次のように髪の生え際矯正植毛はこのような場合に、その希望の場合可能です。ただし、2次、3次までのご毛髪が限定的な場合には、多少困難な場合があります。したがって、ヘアライン矯正時の最初のキャリブレーションが非常に重要であると言うことができます。次のように髪の生え際矯正植毛を他の病院で失敗し、当院に来て再キャリブレーションした例を見ることができます。 

[他の病院で1次ヘアライン矯正自毛植毛失敗した事例] 

 この方の場合、他の病院でヘアライン矯正植毛した後でも、密度が低下し角の部分が残っていらっしゃる場合です。 

[植毛専門モジェリムクリニックに来てヘアライン矯正の再キャリブレーション(再手術)したケース] 

 

 

  上下は同じ分にヘアライン矯正を再手術(再校正)を受けてから、密度の回復に加え、ラインを絶妙にまとめるので、自然なヘアラインを持つことができました。

インフォメーション

  モジェリムジャパンキャンペーン

 非切開特別キャンペー

女性ヘアライン2500本 (FUE) 

男性型脱毛 5000本 (FUT)

眉毛植毛・まつ毛植毛
眉毛植毛・まつ毛植毛

モジェリムクリニックは

国際毛髪移植学会(ISHRS)支援の下で”毛嚢の生存率を増加させる”研究に現在積極的に取り組んでおります

アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)
アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)

韓国モジェリム日本協力クリニック

植毛後糸抜け、アフタケアー等

日本でも近日中サポート可能に

なります。

日本橋エムズクリニック

 

 

Line ID : Mojelimjapan

モジェリムのお客様ブログ

韓国自毛植毛学会

  • 国際毛髪外科学会(ISHRS)会員

アメリカ毛髪外科学会(ABHRS)

アジア毛髪外科学会(AAHRS)


概要 | Cookie Policy | サイトマップ
Copyright © MOJELIM CLINIC ALL Rights Reserved.