自毛植毛(FUE)に関する誤解

韓国で自毛植毛(FUE)
韓国で自毛植毛(FUE)

こんにちは。今日から9月ですね(>_<)

食欲の秋、読書の秋、旬な王様の季節でもありますね(^○^)

自毛植毛(FUE)に関する誤解、最初の 

植毛(FUE)ヘアライン矯正は、毛髪が育つ方向を知ることができない! 

「自毛植毛(FUE)は毛髪が必要な部位に移植する毛包をゴンヨブ(後頭部)でした毛包ずついちいち決めて、必要な毛包を採取」するためには、髪を短く切った後、FUEツールで一つ一つ抜き出す過程が必要です。 

ここで、患者の方が最も誤解している部分が額に移植された毛髪が短く毛髪の成長方向を知ることができず、ひょっとして、毛髪が伸ばしたり、「勝手に育ってはないだろうか?」ということです。 

また、女性に自毛植毛(FUE)を勧めていない病院では、毛髪の性質を利率FUEが適していないとします。 

したがって、「ヘアライン矯正自毛植毛時の最も重要な点は、移植された毛髪の傾きと方向です。"

[植毛専門モジェリムクリニックは、採取する前に毛髪の方向を把握するため、知ることができます。] 

▶移植前毛髪の成長サイクルと決意方向と角度を綿密に観察した後、計算して移植します。 

自毛植毛(FUE)に関する誤解、第二。 

 

自毛植毛(FUE)ヘアライン矯正は生着率が落ちる?! 

「自毛植毛(FUE)の生着率は98%以上です。"

韓国で自毛植毛(FUE)が施行された初期には、多くの量を採取して、空気中の毛包を長期露出させる不適切な保管方法を使用しました。また、初期自毛植毛(FUE)が欧米で開始されたので、毛包の深さが低い西洋人の毛包を採取する方法を東洋人に適用し、(西洋人:3mm、東洋人:4〜5mm)で、毛包の深さを把握できず、毛包を損傷させている場合もありました。ので、FUEは生着率が低いという認識をしたりします。 

しかし、海外の医療スタッフが研修を受けに行くほど韓国で自毛植毛(FUE)技術力が格段に向上しました。 

 

「毛包の生着率のカギは毛包が乾燥を防ぐ、空気中の毛包が露出される時間を減らし、水分を供給してくれることです。"