日本人が韓国で植毛する理由

 
 
 
韓国濃くない脱毛市場は2009年1兆5千億WONまで成長し2010年以降は2兆WON台を維持している。毎年脱毛人口が増大の結果、脱毛市場の73%を毛髪移植と頭皮管管理クリニックが占めていると発表されている。日本は4,300億円(6兆WON)に達する脱毛市場を持っているですが日本矢野経済研究所の調査によると毛髪移植が占める割合はかつら、頭皮ケアーに比べ極端に低いのが分かった。

モジェリム成形外科の2007~2010年相談及び植毛手術現況によると脱毛を除く相談患者数が1.7倍増加、毛髪移植手術は250%増加された。韓国の毛髪移植技術力をアメリカ毛髪移植学科にも認定され、韓国毛髪移植市場の規模が大きくなるにつれ技術面と費用的な面からも日本より高く評価されている。そして毛髪移植を望む日本人方々の関心が今韓国に集中している。また中国、タイ、フィリピン等海外からの患者数も急激に増加している。

日本人毛髪移植患者の増加によりさっそく韓国保健産業振興院では日本人が毛髪移植の際、何を一番重要とするのかについて調査した。その結果、医師の治療技術と毛髪移植費用が其々1,2位を占めてその次が通訳サービスと病院の清潔さだった。韓国と日本の毛髪移植費用を比較すると日本のAクリニックの2500毛切開毛髪移植は74万5500円(約1000万WON)、Bクリニック2500毛非切開毛髪移植は147万円(約2000万WON)で韓国毛髪移植の2倍以上高くなっている。

最近毛髪移植の為、モジェリムクリニックを訪れた田中氏(37才)は日本の有名毛髪移植病院に相談しましたが
費用が高く植毛を自体を諦めいようとしましたがインタネットで色々と調べている内にアメリカ毛髪移植学科で技術力を認められたモジェリムクリニックを知り韓国に訪れた。しかも日本に比べて最高水準の植毛を低価に実現出来てとても喜んだと。また田中氏は''毛髪移植の前には痛みについてとても心配しましたが施術および施術後でも全然痛みがなく次の日にミョンドンショッピングに気楽に行けるほどでした''と話した。

モジェリムクリニック代表院長ハン ジョンウク氏は “田中氏のような外国人患者方々が当日手術後翌日すぐに出国する場合は無痛機を利用手術すると短い日程でも毛髪移植が痛みが無く毛髪移植が可能だ”という事で “韓国の毛髪移植技術の発達と毛髪移植市場の成長で日本及び中国人患者様が増えていると”話した。