成功する男性のために必要な成形、「眉毛植毛」

・眉毛移植の背景
最近、先進国を中心に、企業の CEOから整形手術への関心が高まっています。特に若いCEOの間で美容面での関心ではなく、相手に革新的なイメージを与えるために整形手術が必要と思っている人々が多くなりました。このような男性の成形に欠かせないのが、眉毛植毛整形です。眉毛が浅く間伐が少ないケースは、よりお年寄りに見せる・決断力が足りないように見えるがちです。従って、多くの男性が濃く分厚い眉毛に強くカリスマ性のあるイメージを演出するために、眉移植毛について多くの関心を持っています。

・眉毛移植の方法
眉毛移植は、後頭部の毛包を眉毛に植え方式で移植した後の生着された毛髪は、長い期間にわたって抜けなく維持される半永久的な方法である。しばらく前に眉毛の入れ墨(タトゥー)や化粧に眉を描いて場合も多かったのですが、このような方法は、不自然なうえ過程が面倒で男性がそれほど好ましい方法ではなかったです。
もジェリム整形外科では「眉毛移植のために病院をお探すお客様の中には、すでに既存の眉にタトゥーをしていたケースや化粧でカバーしていた人も多い」とし、「眉毛の移植は面倒なプロセスを排除しながら男性のコンプレックスを根本的に解決してくれるので、良い解決策として浮上している」と判断しています。

・眉毛植毛の注意事項
しかし、眉毛の移植はそれほど簡単なプロセスがないうえに、ハゲ脱毛植毛とは別の分野であるため、むやみに眉毛植毛費用が安価な場所や広報だけ信じて病院で整形手術を決めることは望ましくないです。専門クリニックに整形事例と専門医や医者さんの履歴など検討が必要です。

・モジェリムの韓国眉毛植毛の人気理由
モジェリムでは「眉毛は顔の印象に大きな影響を与える部分であるだけに一人一人の顔全体の割合を考慮して、形状を設計する過程が必要だ」と認識し、「利殖毛の採取にも、既存の眉毛の太さと性質を確認した後、同様の太さと性質を選別して採取して移植することが大事で、自然な眉毛を作れる」ので韓国と海外で眉毛植毛整形手術の分野で人気を集めています。


| モジェリム眉毛植毛&ヒゲ植毛の特徴

自毛植毛のリーディングブランドであるモジェリム整形外科では、目立たずしゃれていながら、すっきりとした眉毛植毛が可能です。眉毛の方向とデザインだけでなく、一人ひとりの顔の形と目鼻立ちに合った眉で植毛するための手術後の満足度が高いです


| 眉毛の方向

眉毛の方向は微妙ですが異なります。自然な眉毛植毛になるには、既存の眉毛の方向を考慮する必要があります。

| モジェリム眉毛植毛&ヒゲ植毛の特徴

自毛植毛のリーディングブランドであるモジェリム整形外科では、目立たずしゃれていながら、すっきりとした眉毛植毛が可能です。眉毛の方向とデザインだけでなく、一人ひとりの顔の形と目鼻立ちに合った眉で植毛するための手術後の満足度が高いです


| 眉毛の方向

眉毛の方向は微妙ですが異なります。自然な眉毛植毛になるには、既存の眉毛の方向を考慮する必要があります。

正しい眉毛植毛                                                  間違った眉毛植毛

 モジェリムの眉毛植毛

モジェリムの眉毛植毛の黄金比率デザイン                         モジェリムの眉毛植毛

| モジェリム・ヒゲ植毛

最近になって、社会経済的条件の変化により、男性にとってヒゲ​​植毛が一つのトレンドになりつつあります。以前のように画一的な顔のスタイルをつくるのではなく、各自の個性がより重視され、自分ならではの個性を生かして、男性らしい顔を誇る役割をヒゲが担当するようになったのです。したがって、遺伝的にヒゲが貧弱だとか、ない場合、ヒゲ植毛は良い選択肢となります。


| ヒゲ植毛時の考慮事項

顔の部位は、神経が多く分布して敏感であり、痛みに敏感です。顔に局所麻酔をすると、強い痛みがでる場合があり、鼻の下の部分は、特に敏感です。したがって、ヒゲ植毛をするためには、部分麻酔よりも睡眠麻酔(10分以内)が患者のために不可欠です。また、顔の皮膚は非常に薄いので、細心の努力で適切な角度と方向で植毛しなければ、毛嚢が脱落しやすく、ヒゲが思った方向に一定に育つのが非常に困難です。手術後一年間は、一般的に堅い毛髪が生えるために、不規則に見えることがありますが、これは時間が経つにつれ、毛髪が徐々に細くなり、2~3年経過すれば、はるかに自然になります。


| 人気のあるモジェリムのヒゲスタイル

インフォメーション

  モジェリムジャパンキャンペーン

 非切開特別キャンペー

女性ヘアライン2500本 (FUE) 

男性型脱毛 5000本 (FUT)

眉毛植毛・まつ毛植毛
眉毛植毛・まつ毛植毛

モジェリムクリニックは

国際毛髪移植学会(ISHRS)支援の下で”毛嚢の生存率を増加させる”研究に現在積極的に取り組んでおります

アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)
アメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)

韓国モジェリム日本協力クリニック

植毛後糸抜け、アフタケアー等

日本でも近日中サポート可能に

なります。

日本橋エムズクリニック

 

 

 

Line ID : Mojelimjp

モジェリムのお客様ブログ

韓国自毛植毛学会

  • 国際毛髪外科学会(ISHRS)会員

アメリカ毛髪外科学会(ABHRS)

アジア毛髪外科学会(AAHRS)


概要 | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright © MOJELIM CLINIC ALL Rights Reserved.